社員が選ぶ 最近読んだ1冊 NO.244

おすすめ人 この1冊 こんな本です
TW
2020.4.15


NEW

「ぼっけえ、きょうてえ。」

岩井志麻子/作

角川ホラー文庫

TV番組「5時に夢中」のコメンテーターで、変わり者?という印象が強い岩井志麻子のホラー作品です。
彼女はこの作品で第6回日本ホラー小説大賞や山本周五郎賞を、その後出版した他作品でも数々の賞を受賞しています。

「ぼっけえ、きょうてえ。」は岡山の方言で、「とても、怖い」という意味です。
なかなか覚えづらい言葉ですが、話が面白かったせいか、一度で覚えてしまいました。

短編の中の表題「ぼっけえ、きょうてえ。」は、顔の醜い女郎が寝物語で客に身の上話を始めるのですが、その内容は気分よく寝付けるどころか、段々とおぞましいものになっていきます。

誰にも恵まれなかった出生、双子の姉のこと、間引き専業産婆の母親の手伝い、父親との関係、両親の秘密、遊郭での出来事…

幸せとは全く無縁の凄惨な人生を、彼女は時々「ふふふ」と笑いながら話し進めていきます。

最初は興味本位で質問していた客の心は次第に恐怖心へと変わり、寝たふりをしますが、その寝顔を見た女郎は“客ではない他の誰か”に話しかけ始めます。
その相手とは…
そして、醜い顔になった理由とは…

残酷な事実を語る女郎の口調は、“悲劇のヒロイン”として嘆くわけでもなく、どこか諦めているような、開き直っているような、それが当たり前だと思っているような。
狂気を感じます。

また、岡山弁でテンポよく話す描写は、読者が客(聞き手)になったような気分になり、聞くのが怖いけれども、怖いもの見たさで質問せずにはいられなくなる、そんな感覚でのめり込んでいく魅力があります。

短編でも満足度は高く、他の3作品も人間の怖さを書いていて、読みごたえがあります。

出版者のサイト

バックナンバーリスト
会社ページのトップに戻る